パッケージ

商品との相性

重いモノ、軽いモノ、硬いモノ、柔らかいモノ
パッケージは中に入れる商品によって適切な構造があります。
重いモノ
重いモノ、大きいモノはパッケージの底が抜けて商品が脱落しないような構造にしなければなりません。又、機械商品など重量のあるものは荷くずれをさせないだけではなく、商品保護も必要です。天地強度のあるパッケージや、発砲スチロール、パルプモールドやエアキャップなどのインナーが必要な場合があります。
軽いモノ
軽いモノ、小さいモノは商品がパッケージの中で動いたり、飛び出したりしないため、中敷きやインナーなどでパッケージ内に固定しなければならないものがあります。又、重いモノ程ではありませんが商品保護のためにフタミ式などの紙が二重構造になっているパッケージが良い場合があります。
硬いモノ
硬い商品は角が欠けやすいモノが多いので四隅強度があるパッケージ、そしてペーパーを厚みのあるものにしたほうが良いでしょう。
柔らかいモノ
軽いモノ、小さいモノと同じように、中敷きやインナーなどでパッケージ内に固定しなければならないものがあります。又、潰れやすいモノが多いので天地強度、四隅強度のあるパッケージが良い場合があります。
  • パッケージが出来るまで
  • 基本構造
  • 紙の使用効率
  • 商品との相性
  • お探しのパッケージは?
お問い合わせ
構造で選ぶ 用途で選ぶ 機能で選ぶ
アンブロペ公式ホームページ