パッケージ

基本構造

パッケージの構造
一般的なパッケージの構造を大きく分けると以下のように分類することができます。
キャラメル式
キャラメル式
パッケージの基本型で、最も使用されています。昔、お菓子のキャラメル箱に使われていたことから一般的にキャラメル式と呼ばれています。非常にシンプルで安価なタイプです。
タイコ式
タイコ式
曲面で構成され、ノリ貼りはキャラメル式と同じようにサイドのみ一箇所です。
価格はキャラメル式より少し安価です。積み重ねることは出来ませんが、タイコの形に似て非常に特徴があるパッケージです。その形容のため、タイコ式と呼ばれています。
ジゴク式
ジゴク式
キャラメル式と同じようにサイドのみ一箇所のノリ貼りです。アリジゴクのように底をくみたてるのでジゴク式と呼んでいます。
底部のフラップをくみあわせるだけの作業性の良い、しかも重量物に強いパッケージです。価格的にもキャラメル式とあまり変わりません。
ワンタッチ式
ワンタッチ式
サイドと底をノリ貼りした構造で、ワンタッチで製箱(パッケージに組み上げること)出来るためワンタッチ式と呼んでいます。底がノリ貼りしてあるためジゴク式よりも重量物に対して強く、底が抜けません。洋菓子の持ち帰り用などに使われています。価格的には工程や構造上、キャラメル式より高価です。
フタミ式
フタミ式
蓋身式。ミフタ式、ツーピース型とも呼ばれ、パッケージがフタ部分と本体部分に分かれていて高級感があり、ギフトケースなどに使われています。箱の構造上、組上がりの状態で側面の紙が最高4枚になるため、天地からの外圧に最も強いタイプです。また価格も高価です。
サック式
サック式
サック式はフタミ式の本体(ミ)部分にサックを被せることでフタのかわりにしたものです。フタミ式も同様ですが、サック部分と本体部分の色や紙質などを変えることが出来ます。天地からの外圧に強いタイプです。
  • パッケージが出来るまで
  • 基本構造
  • 紙の使用効率
  • 商品との相性
  • お探しのパッケージは?
お問い合わせ
構造で選ぶ 用途で選ぶ 機能で選ぶ
アンブロペ公式ホームページ