インク、印刷

その他印刷、インク

昔、絹の生地を使っていたことからこう呼ばれますが、現在はポリエステル製です。メッシュの生地に薬品を塗工し、塗工されていない部分からインクを紙などに刷る技法です。シルクプリントは独特の風合いがあります。隠蔽(いんぺい)性があるためホイルや色のついた紙などにプリントしたい場合、下地の色に関係なくプリント色を発色します。コストは高価な部類に入ります。
ページの先頭へ
凸版に熱をかけホイル(箔)を圧着させるのが箔押しです。ホットスタンプとも呼びます。箔押しは金銀などのホイルを押し付けるので、紙とは違った金属のような風合いの柄や文字をいれることができます。隠蔽性も高く下地の色に影響されません。金銀の他、色箔やホログロラム箔などがあります。コストは使用内容(サイズ、箔の種類)によってかわります。
ページの先頭へ
金属版または樹脂版の凸部にインクを盛り、加圧して、直接紙に転移させる印刷方法です。文字の印刷には向いていますが、パッケージにはほとんど使われません。
ページの先頭へ
凸版印刷の一種でゴム版、または感光樹脂版の凸版にインクを盛り、加圧して直接紙に転移させる印刷方法です。
ゴム版を使用するため粗い紙でも印刷可能ですが、インクの付着量が少ないため濃度が出にくく精巧な印刷は出来ません。主にダンボール関係の印刷に使われています。
(主な用途)ダンボール・袋・包装紙など
ページの先頭へ
属版の凹部分にインクを満たし、加圧して直接紙に転移させる印刷方法版。凹版の深さを調節することにより階調表現が豊富ですが、製版が高価ですので、大ロットが必要です。
(主な用途)写真集・美術書・セロファン印刷・壁紙など
ページの先頭へ
  • UV印刷
  • オフセットインク
  • その他の印刷、インク
  • 色数と版
  • 表面処理
お問い合わせ
構造で選ぶ 用途で選ぶ 機能で選ぶ
アンブロペ公式ホームページ